* 主要お取扱い作家さんの作品イメージ *(画像をクリックしてください)

荒木 義隆(京都府) 荒木 義隆(京都府)
大泉 恵(徳島県) 大泉 恵(徳島県)
大蔵 達雄(静岡県) 大蔵 達雄(静岡県)
澵井 武仁(愛知県) 澵井 武仁(愛知県)
高橋 芳宣(群馬県) 高橋 芳宣(群馬県)
中尾 万作(大阪府) 中尾 万作(大阪府)
蓮 善隆(三重県) 蓮 善隆(三重県)
平泉 秀博(鹿児島県)平泉 秀博(鹿児島県)
藤井 敬之(岐阜県) 藤井 敬之(岐阜県)
藤吉 憲典(佐賀県) 藤吉 憲典(佐賀県)
正木 春蔵(石川県) 正木 春蔵(石川県)
山本 安朗(神奈川県)山本 安朗(神奈川県)

陶(土)の器作家さん紹介

荒木 義隆(京都府) 

荒木 義隆(京都府)  焼締め擂鉢  荒木 義隆


 京都宇治炭山にて作陶。
 陶器から磁器に至るまで、食器のバラエティーに富んでおり、生活工芸を目指す当店にとって、大変にありがたい存在です。
 ヴェトナム、ラオス、タイ、ミャンマーと、ご一緒に窯場を見て回り、ミャンマーの漆器とも出会うことができ、楽しい思い出をいっぱい頂きました。

ご注文はこちらへLinkIcon

澵井 武仁(愛知県) 

澵井 武仁(愛知県)  伊賀自然釉大鉢  澵井 武仁


 私どものお付き合いの中でも、美術工芸作家さんに近い唯一の人です。
 知多半島の突端、師崎の漁師に囲まれ、作陶に励んでおられます。
 小高い丘に、穴窯と手作りの茶室があり、そこからは富士山も見える、素晴らしい環境です。

ご注文はこちらへLinkIcon

蓮 善隆(三重県) 

蓮 善隆(三重県)  灰釉角鉢  蓮 善隆


 伊賀上野で作陶、九州佐世保の出身ということもあり、親近感を感じます。
 お付き合いは25年位かな?
 灰釉、焼締め、粉引緋色と多彩、焼締めの器は、使い込まれたものはしっとりとして、ツヤがあり、大好きな器です。

ご注文はこちらへLinkIcon

藤井 敬之(岐阜県) 

藤井 敬之(岐阜県) 志野染付唐草文汲出碗  藤井 敬之


 開業した当時、九州には織部志野の食器は少なく、見るもの見るもの感謝した事を思い出します。
 26年間、私どもを飽きさせず、いつまでも魅力を持続させる、これは素晴らしい事だと思います。
 これからも、商いが続く限り、どうぞ宜しくお願いしたい作家さんです。

ご注文はこちらへLinkIcon

山本 安朗(神奈川県) 

山本 安朗(神奈川県)  南蛮片口  山本 安朗


 20年くらい前、根来の大蔵達雄さんの工房にて、普段に使われていた湯呑を見て、お尋ねしたところ、山本さんの作との事。そこからがお付き合いの始まりでした。
 特に花入は、器が出しゃばらず、野の花が似合い、またぐい呑は、料理屋さんで使ってもらっていると「あのぐい呑で呑ましてくれ」と、お客様からよく言われるそうです。
 南蛮焼締めのあのしっとりとした肌合いの作品は、大変魅力的です。

ご注文はこちらへLinkIcon

お取扱い作家さんTopへLinkIcon

磁(石)の器作家さん紹介

荒木 義隆(京都府) 

荒木 義隆(京都府)  白磁煎茶器  荒木 義隆


 京都宇治炭山にて作陶。
 陶器から磁器に至るまで、食器のバラエティーに富んでおり、生活工芸を目指す当店にとって、大変にありがたい存在です。
 ヴェトナム、ラオス、タイ、ミャンマーと、ご一緒に窯場を見て回り、ミャンマーの漆器とも出会うことができ、楽しい思い出をいっぱい頂きました。

ご注文はこちらへLinkIcon

高橋 芳宣(群馬県) 

高橋 芳宣(群馬県)  染付鷺絵小皿  高橋 芳宣


 須田青華のお弟子さんで、ロクロが上手く、職人さんであり、作家さんでもあられます。
 食器が中心で、染付、色絵、白瓷等々。
 現在は群馬県甘楽町にて、作陶を続けておられます。

ご注文はこちらへLinkIcon

中尾 万作(大阪府) 

中尾 万作(大阪府)  赤格子豆皿  中尾 万作


 この前、テレビの番組で、魯山人の役どころ、焼き物にさらさらと線を描く場面に出られたとの事、作品は使い易く、シンプル、料理が映える器が多く、皆様から「良く使っているよ」とお聴きする事が多い作家さんです。

ご注文はこちらへLinkIcon

藤吉 憲典(佐賀県) 

藤吉 憲典(佐賀県)  染付青海波箸置  藤吉 憲典


 磁器の作家さんの中で、九州で唯一お付き合いさせて頂いている作家さんです。
 古伊万里などを中心に作られています。その中でもやはり、小物のぴりっとした作品を期待したいですね。

ご注文はこちらへLinkIcon

正木 春蔵(石川県) 

正木 春蔵(石川県)  染付芙蓉手向付(深)  正木 春蔵


 直径11cm、高さ5cm
 真っ白の磁器の飯碗に、真っ白なご飯。軽く装うと上品な食卓に!・・・女性に人気のお茶碗です。

ご注文はこちらへLinkIcon

お取扱い作家さんTopへLinkIcon

漆(木)の器作家さん紹介

大蔵 達雄(静岡県) 

大蔵 達雄(静岡県)  根来ヘギ目三段重  大蔵 達雄


 漆作家と言うよりも、職人さんであり工芸家でもある。
 漆職人の世界は、ほとんどが分業制度で成り立っています。
 木地を求め、乾かし、ロクロを引き、寝かせ、塗る作業を一人でこなす。こういう作家さんは、ほとんど見あたらないと思います。
 私どもが求めている作品は、日常に使って心地良いもの、大蔵さんの作品はぴったりです。

ご注文はこちらへLinkIcon

お取扱い作家さんTopへLinkIcon

ガラスの器作家さん紹介

大泉 恵(徳島県) 

大泉 恵(徳島県)  ブルーガラス鉢  大泉 恵


 徳島のガラスの作家。
 ブルーのガラスの食器で、お付き合い25年。私たちを飽きさせない作り手さんです。
 最近になって、お客様から「ブルーのガラスは飽きが来なくて良いと、多く美やさんが言われるのが分かりました。」など、大変嬉しいお話も聞かれるようになりました。
 この10年位は、パート・ド・ヴェールにも取り組んでおられます。

ご注文はこちらへLinkIcon

平泉 秀博(鹿児島県) 

平泉 秀博(鹿児島県)  小吸物碗  平泉 秀博


 ご当主は北海道、悦子夫人は鹿児島出身。
 現在薩摩川内にて作品を作っておられます。
 いろいろとお願いして、私どものサイズ、形を快く引き受けて頂き、作品を作って頂いております。

ご注文はこちらへLinkIcon

お取扱い作家さんTopへLinkIcon

茶道具の作家さん紹介

澵井 武仁(愛知県) 

澵井 武仁(愛知県)  伊賀自然釉水指  澵井 武仁


 私どものお付き合いの中でも、美術工芸作家さんに近い唯一の人です。
 知多半島の突端、師崎の漁師に囲まれ、作陶に励んでおられます。
 小高い丘に、穴窯と手作りの茶室があり、そこからは富士山も見える、素晴らしい環境です。

ご注文はこちらへLinkIcon

山本 安朗(神奈川県) 

山本 安朗(神奈川県)  南蛮花器  山本 安朗


 20年くらい前、根来の大蔵達雄さんの工房にて、普段に使われていた湯呑を見て、お尋ねしたところ、山本さんの作との事。そこからがお付き合いの始まりでした。
 特に花入は、器が出しゃばらず、野の花が似合い、またぐい呑は、料理屋さんで使ってもらっていると「あのぐい呑で呑ましてくれ」と、お客様からよく言われるそうです。
 南蛮焼締めのあのしっとりとした肌合いの作品は、大変魅力的です。

ご注文はこちらへLinkIcon


お取扱い作家さんTopへLinkIcon

お取扱い作家さん

陶(土)の器作家さん

荒木 義隆(京都府)

澵井 武仁(愛知県)

蓮 善隆(三重県)

藤井 敬之(岐阜県)

山本 安朗(神奈川県)

詳しくはこちらLinkIcon

磁(石)の器作家さん

荒木 義隆(京都府)

高橋 芳宣(群馬県)

中尾 万作(大阪府)

藤吉 憲典(佐賀県)

正木 春蔵(石川県)

詳しくはこちらLinkIcon

漆(木)の器作家さん

大蔵 達雄(静岡県)

詳しくはこちらLinkIcon

ガラスの器作家さん

大泉 恵(徳島県)

平泉 秀博(鹿児島県)

詳しくはこちらLinkIcon

茶道具の作家さん

澵井 武仁(愛知県)

山本 安朗(神奈川県)

詳しくはこちらLinkIcon